カナガンドッグフードの特徴・価格・口コミを更新

グレインフリーで犬の食いつきに定評があるカナガンドッグフード。こちらでは、カナガンの特徴や価格などご紹介していきます。

目次

カナガンドッグフードの特徴

カナガンドッグフードには大きく分けて3つの特徴がありますので、ひとつずつ見ていきたいと思います。

チキンを50%以上配合

上質なチキンを豊富に使用した栄養満点のドッグフードになっています。もともと肉食傾向の雑種である犬にとって
質の良いお肉をふんだんに使用したフードは大好物。

ドックフードとしては最高含有量のチキン50%で高たんぱくレシピを実現し、袋を開けた瞬間に広がる香りで食いつきが変わります。

グレインフリー

一般的なドッグフードには、トウモロコシや小麦などの穀物が含まれますが、肉食傾向の雑食動物である犬にとって
穀物をうまく消化給するすることはできません。

過剰に摂取してしまうと体の体調を崩す可能性もありますし、犬にとってはアレルギー症状が出ることも考えられます。カナガンは、グレインフリー(穀物不使用)なので、安心して与えられるフードになっています。

香料・着色料不使用

カナガンは犬にとって不要な香料や着色料を一切使っていません。香料着色料には、フードの香りを強くしたり見た目をよくしたりする効果がありますが、もともと上質なチキンが芳醇な香りを出しているので、使う必要がないというわけです。

香料・着色料は摂取したからと言ってすぐに体に悪影響がでるわけではありませんが、これからずっとワンちゃんに与えることを考えたら香料・着色料不使用の方がいいですね。

カナガンドッグフードの成分と原材料

カナガンドッグフードの原材料は以下になります。

チキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウ豆タンパク、アルファルファ、チキンオイル3.1%、乾燥卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン硫酸、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニス、コロハ、ミネラル類(鉄、亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、D3、E)

カナガンドッグフード

主原料は犬の嗜好性が高いチキンを使用。その他、ビタミンA、D3、E、グルコサミン、コンドロイチンなどが含まれます。

たんぱく質脂質粗繊維灰分水分
29%以上15%以上5.25%以下11.25%以下9%以下
オメガ6脂肪酸オメガ3脂肪酸カルシウムリンエネルギー(100gあたり)
2.8%0.9%1.86%1.42%376Kcal
カナガンの栄養成分値

たんぱく質の含有量が特出していますが、低脂質・低炭水化物で、成分バランスも良いといえます。ちなみに、原産国はイギリスです。

カナガンドッグフードの価格

公式サイトにも価格についての表示はありますが、ここではわかりやすくまとめてみました。

まず、カナガンドッグフードは、定期コースでの購入をおすすめしています。定期だと、都度購入(4,708円)より1袋当たりの価格が10%安くなります。また、1回あたりの購入数が多くなると割引額も大きくなります。

個数1袋あたりの価格割引率
1個3,852円10%OFF
3個以上3,638円30%OFF
5個以上3,424円20%OFF
カナガンの定期コース割引率

大型犬やワンちゃんがたくさんいる飼い主さんにとっては、かなりお得になるシステムになっていますね。

定期コースの申し込み条件はなく、満足できなければいつやめてもいいので定期の割には気軽に注文できるのもいいところですね。

飼い主

ECサイトで都度購入はできないの?

とはいっても、初めて飼う場合には「万が一食べてくれなかったらどうしよう」と不安になる方もいると思うので、都度購入もご案内します。

Amazonで取り扱いがあったのでご紹介します。1袋当たりの価格は5,412円。定期コースより割高ですが、お試しとして1回購入するだけならこちらの方がおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次