消化が良いのはドライフードより缶詰タイプ?

ワンちゃんが消化不良でおなかを壊すと「フードを変えた方がいいのではないか?」「缶詰に切り替えようか」などと考えることが増えると思います。今回はドライフードと缶詰を消化の点で比較してみました。

目次

基本的には缶詰の方が消化が良い

ドライフードはカリカリと食べられるフードで水分が10%以下なのに対して、缶詰は75%ほどの水分量があるため、基本的には缶詰の方が消化が良いと考えられます。

そのため、もし「愛犬がごはんを食べない」、「お腹を壊しやすい」などのお悩みがある場合には、缶詰タイプのものに変えてあげるのも良いかもしれません。犬の嗜好性も高いので好き嫌いが激しいワンちゃんにも良いですね。

内蔵機能の低下が起きやすい老犬にも缶詰はおすすめですが、7歳を過ぎたら急に内蔵が弱くなるということはありませんので、7歳頃まで成犬用でそこから少しずつシニア用に切り替えてあげて、その後お腹の様子を見ながら缶詰に変えるのがおすすめです。実際、12~3歳でもドライフードを食べるワンちゃんもいますよ(^^)

ドライフードの方が消化が良いものもある

ドッグフードは2000年ごろからどんどんと質の良いものが増え、いまではプレミアムドッグフードが主流になりつつあります。犬の消化吸収についてもしっかりと考えられたものが多く、おなかに優しい原料や成分が使われるようになっています。

特に穀物が入っていないグレインフリーのドッグフードは、一般的なフードと比べ消化吸収が速く、犬の内臓への負担を減らします。

こういったドライフードは缶詰と比べるとさほど消化吸収に差はないため、愛犬のおなかの調子が悪いからと切り替えても効果がない場合があります。場合によっては今まで食べていたドライフードの方が消化吸収性が高く、缶詰に変えたことで悪化することも考えられます。

もし、ワンちゃんのおなかの調子が悪いことが理由でドライフードから缶詰フードに切り替える場合は、消化吸収性の高いものを選ぶことが大切です。

消化吸収率の高い缶詰はどうやって見分ける?

缶詰の中でも特に消化吸収が高いものを見分けるにはどの部分をチェックすればよいのでしょうか?そのポイントとなるのが、たんぱく質と食物繊維です。

質の良いたんぱく質が使われているかの確認は当然として、さらに消化吸収性の高いものが使われているかどうかが大切になります。缶詰に「消化器サポート」などと書かれていたらまず間違いなですが、念のためその根拠をチェックしてから購入するようにしてください。

次に大切なのが食物繊維の質と量。食物繊維には便が出やすくなる作用や腹もちをよくする作用があり、犬にとって必要な成分なのですが、とりすぎると内蔵への負担が高まり下痢や嘔吐の症状を起こすことがあります。下痢・嘔吐対策としてビタミンB群やカリウムが強化されているものを選ぶと栄養損失を防止できます。

缶詰に野菜をトッピングする際には、ゆでたキャベツやブロッコリー、にんじんなど犬が比較的消化しやすいものを与えてるようにしてください。しかし、どんな野菜でもトッピングの量を増やすとやはり下痢や嘔吐の原因になります。

病院でもお腹が弱いワンちゃん向けのウェットフードの販売はありますので、缶詰フード選びに迷ったら相談してみるとよいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次