レッグ・ペルテス病発症の症状・治療法とは

犬のレッグ・ペルテス病とは、大腿骨頭壊死症ともいい大腿骨の先端部への血液供給が何らかの理由で遮断され大腿骨頭の成長が止まり壊死してしまう病気のことです。

 

はっきりとした原因はまだ解明されていませんが遺伝により発症する場合が多くあります。


レッグ・ペルテス病の症状

レッグ・ペルテスは、3~12ヶ月の子犬の時期に発症しやすく、トイプードルやポメラニアンなど10kg以下の小型犬に多く見られます。

 

小型犬に多い理由はわかっていませんが、遺伝性が高いためこの病気を発症した場合には去勢・避妊手術が勧められます。

 

レッグ・ペルテス病にかかりやすい犬種

ポメラニアン、ペキニーズ、プードル、ミニチュア・ピンシャーダックスフンドテリア系などの小型犬。

 

主な症状は、歩き方の違和感。痛みを伴う病気であるため、脚を上げたままになったりかばうような歩き方をします。放置したままにすると少しずつ悪化し、筋肉の萎縮が進みます。重症化すると歩行困難になることも。

レッグ・ペルテス病の治療法

症状が軽い場合は、抗炎症剤による内科治療を中心に行います。

 

激しい運動を抑えて症状を悪化させないように対処することが必要ですが、進行性の病気であるため、最終的には大腿骨頭を切除する手術を行います。(まれに内科治療で改善するケースもあります。)

 

大腿骨頭を切除してもリハビリを続けることで通常歩行が可能になります

 

原因不明な病気であることから予防することは大変難しいですが、病気になってしまったらできる限り運動を避け太らせないようにすることが大切です。