犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)とは | 手術費用は?

犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)とは

犬の膝蓋骨脱臼とは、主に後ろ足の膝蓋骨(膝のお皿の部分)が、内側に脱臼してしまう状態のことを言います。

 

初期の頃は、目立った変化は見られませんが、症状が進むと、散歩の途中で座り込むことが増えたり、歩き方が変わったり等の変化が見られます。

 

主に、チワワ、トイプードル、ポメラニアン、ヨークシャーテリア、マルチーズなどの小型犬に多くあらわれる症状です。原因は、先天性のものの他に、落下や打撲などがあります。

 

小型犬は骨が細く、ちょっとしたことで脱臼を起こしやすいので、イスやテーブルからの落下には注意が必要です。フローリングの場合には、マットやじゅうたんで対応すると予防になります。


膝蓋骨脱臼(パテラ)の手術と費用

膝蓋骨脱臼はその進行度でグレード1~4に分類されます。グレード1の場合は飼い主でも気づかないことが多いといわれています。

 

グレード1 押すと簡単に脱臼するがすぐに戻る
グレード2 膝が屈曲する
グレード3 常に脱臼している状態だが押すと戻る(離すと再脱臼)
グレード4 常に脱臼している状態で正しい位置に戻すことができない

 

グレード3以降にになると手術を行いますが2歳以下、あるいは進行する可能性がある場合にはグレード2でも手術をすすめられる場合があります。

 

手術方法は、滑車溝形成術、内側大腿膝蓋筋膜の開放、外側関節包縫縮術、脛骨粗面転移術などがあり、症状や年齢によってどの方法を選択するか飼い主との相談によって決めていくことになります。

 

費用は、3歳くらいまでの小型犬(片方の足だけ)で手術費の他入院費、麻酔費、点滴費などすべて合わせて200,000~300,000円程が相場になります

 

もちろん、犬の年齢や体重、症状、または病院によって費用は変わってきますので、具体的な金額は診てもらってからということになります。

 

関連記事

膝蓋骨脱臼の予防にはグルコサミンコンドロイチンの摂取がおすすめ

膝蓋骨脱臼を起こしているワンちゃんには、脱臼による痛みを和らげるグルコサミン・コンドロイチン配合のドッグフードがおすすめです

 

カナガンドッグフードイメージ1
総合評価
/5点満点中
カナガンドッグフードの特徴

グルコサミン、コンドロイチンを配合した穀物フリードッグフード。GI値が低いサツマイモ使用で血糖値の上昇を抑え肥満を防ぎます。小粒タイプなので、チワワやトイプードルなど膝蓋骨脱臼を起こしやすい小型犬でも食べやすくなっています。

商品情報
対象年齢 全年齢対応
重さ 2kg
原産国 イギリス
ネルソンズイメージ1
総合評価
/5点満点中
ネルソンズの特徴

ブリーダー開発のドッグフードということもあり、サーモンオイル、海藻グルコサミン、コンドロイチンなど美しい毛並としっかりとした骨格が保てる成分が豊富に配合されています。腸内環境を整え、免疫力をサポートするオリゴ糖入り。穀物フリーでアレルギー対応済み。

商品情報
対象年齢 全年齢対応
重さ 5kg
原産国 イギリス

 

グルコサミン、コンドロイチンは関節炎の予防としても効果が期待できます。年齢とともに減っていくため、7歳以上のワンちゃんには積極的に摂取しておきたい成分です

 

その他、ドッグフードとは別にサプリの販売もあるので、今与えているドッグフードを変えたくない場合には良いですね。

 

膝蓋骨脱臼用のサポーター

膝蓋骨脱臼の症状がある犬用のサポーターが販売されています。フィット感が重要になるのでサイズはできる限り近いものを選ぶようにしてください。

 

 

滑り止めとして役立つ肉球パットの使用もおすすめです。