ドッグフードに含まれるたんぱく質の種類 | 最適な割合はどれくらい?

ドッグフードに原材料として使われる肉の種類は、牛肉、豚肉、チキン、ラム、鹿肉、馬肉などたくさんあります。その中でも良く使われるのがチキン。価格が安く犬の嗜好性が高いことがその理由です。一方、豚肉は脂肪分が多いこともありあまり使用されていないのが現状です。

今回は、ドッグフードとたんぱく質の関係、たんぱく質として使われるお肉の種類について考えていきたいと思います。

目次

ドッグフードに含まれるたんぱく質の割合

一般にドッグフードは高たんぱく低炭水化物のものが良いと考えられています。犬にとってたんぱく質は大切な栄養素の一つであり、筋肉を作ることとそれを維持するためにたっぷりと摂取する必要があります。

一方、犬にとって炭水化物を消化するのが苦手であり、食べ過ぎると肥満になることから高たんぱく質低炭水化物のドッグフードがいいとされているのです。

最適なたんぱく質割合はどれくらい?

AAFCO 米国資料検査官協会(Association of American Feed Control Officials)は一般的なガイドラインとして、ドッグフードは最低でも以下のたんぱく質を摂取するようにと要求しています。

成犬18%以上
子犬・妊娠中、授乳期中の母犬22.5%以上
最低限必要なたんぱく質量

この数字はドッグフードからすべての水分を撤去した後で残る乾燥物(粗たんぱく質)の量にを表しています。どんなに少なくても成犬で18%以上は与えるようにする必要があります。

minami

理想としては成犬で25%以上は摂取できるようにしてあげたいところです。

たんぱく質が多いことでのデメリット

犬にとってたんぱく質は大切な成分の一つであるため、フードに表示されている給餌量を守っていれば、高たんぱくフードを食べ続けることによるデメリットは基本的にはありません。

ただし、欲しがるからと必要以上の量を上げたり、栄養を計算せずに肉ばかりの手作りフードを与え続けると良くない影響が出ることがあります。

体調を壊すことがある

肉に含まれるリンは蓄積するとカルシウムを奪う特徴があるため、犬の骨が弱くなることが考えられます。また、肉は窒素処理のときに肝臓や腎臓を使うので肝臓や腎臓に疾患があるワンちゃんにとっては負担が大きくなることがあります。

攻撃的な性格になることがある

肉ばかり食べることで体内のアミノ酸濃度が高くなります。すると、セロトニンが少なくなるために、イライラすることが増え、いつもより攻撃性が高くなるリスクがあります。

原材料として使われる肉の種類を比較

お肉は、栄養素やカロリーで比較すると意外と違いがあるのが分かります。下記の表で簡単にまとめてみました。使用する部位や産地によって変わってきますが、ドッグフードによく使用されるもので比較しています。

種類カロリーたんぱく質量主成分
牛肉371kcal14gビタミンB12
豚肉386kcal14gビタミンB1
鶏肉200kcal16gビタミンK
羊肉217kcal20gビタミンB12
鹿肉110kcal22gビタミンB6
馬肉110kcal20gカルシウム
お肉の種類と栄養成分比較 100gあたり

栄養成分の他に気になる特徴を比較しました。

種類価格嗜好性アレルギー
牛肉
豚肉
鶏肉
羊肉
鹿肉
馬肉
肉の種類と特徴比較

価格については、産地や肉副産物の使用・不使用で大きく変わることがあります。嗜好性については、チキン以外を使用しているものでも、犬が好む原材料をプラスするなど工夫をしているものが多い印象があります。ドッグフードの産地や成分は、パッケージの成分表示ラベルで確認できます。

肉の種類別のメリット・デメリット

ドッグフードの原材料に使われるお肉の種類とそれぞれのメリット・デメリットをまとめました。

牛肉

牛肉には、ビタミンB12をはじめとしてビタミンB群が豊富に含まれます。ビタミンB12は造血ビタミンとも言われ、健康的な血液を作る働きがあります。鶏肉やラム肉に比べて特筆した成分はありませんが、必須アミノ酸がバランスよく含まれる機能性食品。チキンの次に犬の嗜好性が高いとされています。

メリットデメリット
犬の嗜好性が高い肉の中で一番アレルギーを起こしやすい

豚肉

豚肉は、なんといってもカロリーが高いのが特徴です。上記の表では、牛肉とあまり変わりありませんが、豚自体の脂肪分が多く、ドッグフードに使用できる箇所が少ないためあまり主原料として使われることはありません。栄養素では、疲労回復効果があるビタミンB1を多く含みます。

メリットデメリット
栄養価が高い
疲労回復効果がある
価格が安い
流通量が少ない
まれにアレルギーを起こすことがある

鶏肉(チキン)

鶏肉は、脂質が少なくカロリーが低いため、肥満気味のワンちゃんにおすすめのお肉です。手作りフードを与えている方は、鶏肉の中でもカロリーが低いササミなどをトップングしてあげると良いですね。また、鶏肉は他の肉より犬の食いつきが良いといわれています。パトテン酸、セレンが豊富。

メリットデメリット
犬の嗜好性が高い
低カロリー
価格が安い
鶏皮を含むとカロリーが高くなる
まれにアレルギーを起こすことがある

羊肉(ラム肉)

ドッグフードに使われる羊肉は、ほとんどラム肉です。ラム肉とは、生後約1年以内の子羊の肉のことで、臭みが少ない特徴があります。日本国内ではあまりなじみがないですが、ヨーロッパでは高級食材とされプレミアムドッグフードに多く使われています。カロリーが低く脂肪を燃焼させるカルニチンが豊富。アレルギーを起こしにくい肉としても知られています。

メリットデメリット
低カロリー
高たんぱく
アレルギーを起こしにくい
独特のにおいがある
ラム肉アレルギーの犬には不向き

鹿肉

鹿肉は、皮膚のビタミンともいわれるB6を多く含んだお肉です。100g当たりのカロリーが非常に低いため、カロリーを必要としない老犬、シニア犬に最適です。以前に比べて流通量が増えていますが、牛肉や鶏肉に比べるとその量はまだまだ少なく、販売価格が高い傾向にあります。

メリットデメリット
高たんぱく
低カロリー
価格が高い

馬肉

馬肉は骨をつくるカルシウム・鉄分が豊富で、牛肉の3倍ほど含まれています。カロリーは、鹿肉並みに低く「高たんぱく低炭水化物」を徹底したい方におすすめ。ドッグフードになるとあまり犬の食いつきは良くないことがあるようですが、新鮮であれば生の状態で食べられるほど臭みが少なく、犬の嗜好性も上がるといわれています。

メリットデメリット
高たんぱく
低カロリー
犬の食いつきが良くないことがある
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次